東山が2役、七之助の若冲、玉置浩二の能楽堂ライブ /BS新春番組の見どころ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
吉原を練り歩く、本仮屋ユイカが演じる桜木太夫
吉原を練り歩く、本仮屋ユイカが演じる桜木太夫

花魁のため自身の命を復讐にささげる男

大岡越前スペシャル~初春に散る影法師~ NHKBSプレミアム=1日21:00

 南町奉行、大岡忠相の人情味あふれる大岡裁きといえば、TBS系「大岡越前」で長く主演した加藤剛が今も記憶に残る。東山紀之に主演が代わり、NHKで2013年から始まった「大岡越前」もすでに第5シリーズまで放送。正月特番は今年で3回目になる。

 今作の一番の見どころは、忠相を演じる東山が2役を演じていること。もう一つの役柄は、悲しい過去を持つ花魁(おいらん)のため、余命わずかな自身の命を復讐(ふくしゅう)にささげる月嶋左内。演出を担当した黛りんたろうは「人間の表と裏、光と影、正義と悪という対比を織り込むだけでなく、左内という人間を設定することで(忠相が)より深く自分自身の生き方を考える、ということを盛り込みたかった」と今作の狙いを語る。

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1462文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集