特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

花園初出場の4校、壁を破った要因は? 第100回全国高校ラグビー27日開幕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【創志学園ー山口】ノーサイドの笛が鳴り、創志学園の選手たちは抱き合って喜んだ=広島市西区の広島県総合グランドラグビー場で2020年11月23日、林大樹撮影
【創志学園ー山口】ノーサイドの笛が鳴り、創志学園の選手たちは抱き合って喜んだ=広島市西区の広島県総合グランドラグビー場で2020年11月23日、林大樹撮影

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)は、記念大会枠もあり史上最多の63校が出場する。その中で初の大舞台に臨むのは、川越東(埼玉第1)と、ブロック予選で勝ち上がった創部6年目の開志国際(北信越・新潟)、四日市工(東海・三重)、創志学園(中国・岡山)の4校。花園への道を切り開いた各校の特色に迫った。

この記事は有料記事です。

残り2164文字(全文2341文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集