女子SP首位発進の紀平 「フリーでは4回転サルコウ挑戦」も 全日本フィギュア

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子SPで演技をする紀平梨花=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)
女子SPで演技をする紀平梨花=長野市ビッグハットで2020年12月25日(代表撮影)

 フィギュアスケートの全日本選手権第2日は26日、長野市ビッグハットで27日の女子フリーに向けた公式練習が行われ、紀平梨花(トヨタ自動車)、坂本花織(シスメックス)らが調整した。

 25日の女子ショートプログラム(SP)で79・34点をマークし首位発進した紀平は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させて流れをつかむと、演技後半は片手での側転を取り入れたアクロバティックな動きからステップにつなげて最高評価のレベル4を獲得。連覇に向けて…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集