羽生、圧巻 和の調べで絶対王者としての威厳 全日本フィギュア

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全日本フィギュアの男子フリーで演技する羽生結弦=長野市ビッグハットで2020年12月26日(代表撮影)
全日本フィギュアの男子フリーで演技する羽生結弦=長野市ビッグハットで2020年12月26日(代表撮影)

 フィギュアスケートの全日本選手権第2日は26日、長野市ビッグハットで行われ、男子は、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)がフリー215・83点でリードを守り、合計319・36点で5年ぶり5回目の優勝を果たした。

 圧巻だった。ロック調だった前日のSPとは打って変わって和の調べとなったフリー。「何よりも世界が早く平穏に戻ってほしい」と願いを込めた羽生は、金色がちりばめられた水色と白の和風の衣装に上半身を包み、帯でしっかりと留めてリンクに立った。

 上杉謙信を描いた大河ドラマ「天と地と」のテーマ曲。和の弦楽器の音に導かれているかのように、銀盤を滑った。冒頭の4回転ループをはじめ、予定していた七つのジャンプはいずれも成功。前日のSPで無得点となったスピンも二つで最高難度のレベル4を獲得し「とりあえず丁寧に回れたので良かった」と笑顔を見せた。演技後に勝利を確信したかのように右の人さし指を突き上げる姿には、絶対王者としての威厳すら漂った。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文708文字)

あわせて読みたい

注目の特集