特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-佐藤康光九段 第24局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

マムシのと金

 図の局面。佐藤は「[後]7五歩が利くと思っていた」と明かす。しかし[後]7五歩には[先]6五銀の強手が成立する。以下[後]同歩は[先]6四角。[後]6三銀は[先]5四銀。いずれも先手優勢だ。

 実戦は羽生が[先]7五歩と先着して、主導権を握る展開。[先]6七金直(途中図)で夕食休憩に入った。黙っていると[先]5六歩と合わせる手が厳しい。以下[後]同歩[先]同金で、先手は自然に厚みが生かせる。

 休憩後、猶予のない佐藤は果敢に[後]2五桂と勝負した。対する羽生は[先]2六歩。桂得を主張したが、[後]3七桂成~[後]3六歩と動かれて忙しくなってしまった。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文729文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集