メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 B級2組 藤井王位、結果も残せた1年 快調に白星を積み重ね

藤井聡太王位

 <第79期順位戦B級2組 藤井聡太王位VS野月浩貴八段>

 棋聖・王位を獲得し、銀河戦で初優勝と、2020年は藤井聡太王位(18)にとって飛躍の年となった。王将リーグは3勝3敗で陥落したが、順位戦では快調に白星を積み重ねている。では藤井の年内最後の対局となった16日のB級2組順位戦8回戦、野月浩貴八段(47)との将棋を見ていただこう。

 後手の野月が雁木(がんぎ)に組んだのに対し、藤井は速攻する。野月にとって雁木はここ数年突き詰めている戦型で、互いの研究と読みがぶつかり合い難解な将棋に。野月が反撃して馬を作って第1図。

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです