メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪、気温低下…ボスニアの移民キャンプに窮状 「動物のよう」

雪が降るボスニア・ヘルツェゴビナ西部のキャンプで移動を待つ移民ら=2020年12月26日撮影(AP=共同)

 ボスニア・ヘルツェゴビナ北西部にある西欧を目指す約1000人の移民らが暮らすキャンプが26日、大雪と急激な気温低下に見舞われた。最近の火災で、大半が居住場所を失っており、毛布や寝袋などで寒さをしのぎ、支援団体から提供されたわずかな食料で持ちこたえている。AP通信が報じた。

 ボスニアは欧州連合(EU)加盟国クロア…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 「ラブライブ!」Tシャツを無断販売の疑い 35歳無職を書類送検 神奈川県警

  4. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです