メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラム教徒が多い国 コロナワクチン「問題なし」、政府や法学者の見解相次ぐ

新型コロナウイルスの実験的ワクチンが入った箱を消毒をする関係者ら=インドネシア西ジャワ州で2020年12月7日、インドネシア大統領府提供・AP

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、イスラム教徒が多い国ではワクチン接種について政府やイスラム法学者が「問題ない」との見解を相次いで出している。一方で、インドでは一部法学者が「中国製ワクチンは認めない」との見解を示した。

 「材料に関係なく、イスラム教徒が接種しても構わない。ワクチンは生命や生活を守る助けになり、こうした目的は明らかにイスラムの教えの一部だ」。シンガポール紙ストレーツ・タイムズ(電子版)によると、シンガポールではムフティ(イスラム宗教指導者)のナジルディン師が13日、ワクチン接種を奨励する見解を示した。人口の約1割を占めるマレー系のイスラム教徒の間で不安が広がっていたため、ナジルディン師が混乱を防ぐために対応した。

 中東のエジプトでも、イスラム教の解釈を示す政府機関ファトワ(宗教令)庁の幹部が21日、地元メディアに対し、仮に豚由来の成分が含まれていたとしても「(製造過程で)性質が転換されるため、不浄だとの前提での判断は成り立たなくなる」として、接種を認める見解を示した。

 アラブ首長国連邦の国営通信も22日、イスラム教の権威機関であるファトワ評議会が「他に方法がないならば、人体を守る必要性が優先され、ワクチンは豚に関するイスラムの規制対象にはならない」とのファトワを出したと伝えた。

 だが、インド誌インディア・トゥデー(電子版)によると、南部ムンバイで23日に地元のイスラム法学者の会議が開かれ「中国製ワクチンは豚由来のゼラチンを含んでいるとの情報があるため、イスラム教徒の使用は許されない」と結論づけた。【秋山信一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです