イスラム教徒が多い国 コロナワクチン「問題なし」、政府や法学者の見解相次ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの実験的ワクチンが入った箱を消毒をする関係者ら=インドネシア西ジャワ州で2020年12月7日、インドネシア大統領府提供・AP
新型コロナウイルスの実験的ワクチンが入った箱を消毒をする関係者ら=インドネシア西ジャワ州で2020年12月7日、インドネシア大統領府提供・AP

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、イスラム教徒が多い国ではワクチン接種について政府やイスラム法学者が「問題ない」との見解を相次いで出している。一方で、インドでは一部法学者が「中国製ワクチンは認めない」との見解を示した。

 「材料に関係なく、イスラム教徒が接種しても構わない。ワクチンは生命や生活を守る助けになり、こうした目的は明らかにイスラムの教えの一部だ」。シンガポール紙ストレーツ・タイムズ(電子版)によると、シンガポールではムフティ(イスラム宗教指導者)のナジルディン師が13日、ワクチン接種を奨励する見解を示した。人口…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

あわせて読みたい

注目の特集