メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祈りのしぐさで消毒液、美容室はシャンプーなし コロナ禍の風景

店頭に置かれた消毒液。ペダルを踏むと、噴射される=札幌市東区のイオンモール札幌苗穂店で2020年12月23日、貝塚太一撮影

[PR]

 買い物客が両手をこすりながら店内に入る。祈るようなしぐさだが、店頭の消毒液をもみ込む光景だ。昨年まで見られなかったが、新型コロナウイルス禍において、もはや当たり前となった。

 イオン札幌苗穂店の千葉重治店長(62)は「3月ごろから消毒液を増やし、出入り口の目立つところに置くようになった。今はペダルを踏み、手を触れずに使えるタイプになっています」と話す。

 接客にも変化が及んだ。札幌市南区の美容室「スージープレスマン」を運営する山口まみさん(45)は「滞在時間を極力短くしたいお客様のため、シャンプーをせずカットだけのコースを増やすなど、お一人お一人の要望に応えるようにしています」。【貝塚太一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです