特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「運が良かった」「どうなるか心配」新規入国停止受け、人影まばらな空港は…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で閑散とした羽田空港国際線到着ロビー=東京都大田区の羽田空港で2020年12月27日午後2時42分、塩田彩撮影
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で閑散とした羽田空港国際線到着ロビー=東京都大田区の羽田空港で2020年12月27日午後2時42分、塩田彩撮影

 新型コロナウイルスの変異ウイルスが国内で発見されたことを受け、外国人の新規入国停止など水際対策が28日から強化される。その前日の27日、空港では人影がまばらな中、急きょ帰国した日本人の姿が見られたほか、年末ぎりぎりまで海外出張に飛び回るビジネスマンからは先の見えない状況に不安の声がもれた。

 「変異ウイルスが拡大し、いつ日本人も入国が制限されるか分からないから」。3月から日本企業の米国支社で勤務している横浜市の男性会社員(25)は当初の予定を約1カ月早めて帰国を決め、27日に羽田空港に着いた。日本人の帰国は28日以降も認められているものの、帰国の前倒しを勤務先に頼んだという。「入国を制限した方が日本に住む人は安心できる。政府の判断は仕方ないと思う」と話した。

 奈良県生駒市の会社員、河合正樹さん(47)は27日、関西国際空港から出張のため韓国に出発した。出張は31日までの予定だ。韓国短期出張者の帰国時の緩和措置は続くとされているが、「出張中に状況が変わるかもしれないので確認を続けたい。無事に帰国できることを願います」と不安そうに話した。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文877文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集