特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

前回覇者・桐蔭学園が初戦突破 茗渓学園を36-7で降す 全国高校ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-茗渓学園】後半、ゴール前のPKから茗渓学園の亀山がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、、猪飼健史撮影
【桐蔭学園-茗渓学園】後半、ゴール前のPKから茗渓学園の亀山がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、、猪飼健史撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は27日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦15試合。連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)が茗渓学園(茨城)を36―7で降し、2回戦に進んだ。

 桐蔭学園は30日の2回戦で日本航空石川(石川)と対戦する。

   ◇

 桐蔭学園は前半3分、相手ゴール前のラックからNO8佐藤が持ち出し、先制トライ。同25分にはラックからのボールをキックパスでつなぎ、WTB松田のトライでリードを広げた。後半もFW、バックス一体の攻撃で3トライを重ねた。茗渓学園は後半17分にプロップ亀山がトライを挙げ、一矢を報いた。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文542文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集