特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

「緊張で立ちくらみ」もモールで圧倒 東福岡・フッカー村尾 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東福岡-長崎南山】前半、ゴール前のラックから東福岡の茨木が飛び込んでトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、山崎一輝撮影
【東福岡-長崎南山】前半、ゴール前のラックから東福岡の茨木が飛び込んでトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、山崎一輝撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕し、21大会連続31回目出場の東福岡(福岡第1)は1回戦で、3大会ぶり6回目出場の長崎南山(九州・長崎)に55―0で大勝した。

 重苦しい雰囲気まで一掃する、鮮やかなモール攻撃だった。東福岡が前半4分、モールを押し込み、先制のトライ。計9トライを奪い、大会通算80勝の節目を快勝で飾った。

 過去6度の全国制覇を誇る東福岡。今年も経験豊富な精鋭がそろうが、序盤は無観客など例年とは違う「花園」の雰囲気にのまれていた。バックス陣にノックオンなどミスが目立ち、攻撃のリズムをつかめずにいた。

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文792文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集