紀平、成長の連覇 今季初戦で日本一 全日本フィギュア

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子フリーの演技を終えてガッツポーズする紀平梨花=長野市ビッグハットで2020年12月27日(代表撮影)
女子フリーの演技を終えてガッツポーズする紀平梨花=長野市ビッグハットで2020年12月27日(代表撮影)

 フィギュアスケートの全日本選手権最終日は27日、長野市ビッグハットで行われ、女子フリーは、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(トヨタ自動車)が大会連覇を果たした。

 結果を求める紀平はぎりぎりまでフリーのジャンプ構成を迷い続けた。昨季から本格的に取り組む4回転サルコウは、この日の公式練習で曲に合わせて着氷できたとはいえ、全体の成功率は高くない。4回転でのミスはその後の演技にも大きく影響する。「当日の感触次第」。女王の座を渡すことができないからこそ、心は揺れた。

 新型コロナウイルスの影響で、出場予定の大会が中止となり、今季初戦が日本一を決める舞台だった。ただ、今夏に海外で合宿を敢行し、元世界王者のステファン・ランビエル氏に師事したことで変化も生まれた。これまであまり鍛えてこなかった太ももなどの筋力トレーニングに励んだ。本人も「違いを感じる」と語るように、得意だったジャンプをさらに高く跳べるようになった。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文653文字)

あわせて読みたい

ニュース特集