特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

「日本一に」 花園に戻ってきた元留学生・ナイ監督が初勝利 日本航空石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本航空石川-黒沢尻北】ベンチで指揮を執る日本航空石川のシアオシ・ナイ監督=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、藤井達也撮影
【日本航空石川-黒沢尻北】ベンチで指揮を執る日本航空石川のシアオシ・ナイ監督=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕し、16大会連続16回目出場の日本航空石川は1回戦で、6大会ぶり6回目出場の黒沢尻北(東北・岩手)に61―3で快勝。就任1年目のシアオシ・ナイ監督(31)が初陣を飾った。

 花園初采配は声を荒らげることもなく、ベンチから穏やかなまなざしで戦況を見つめた。FWとバックスが連係した快勝劇に「生徒が自分で考え、自分でプレーをする。それがラグビーの魅力」。「シアオシ先生」として親しまれるトンガ生まれの青年監督は、流ちょうな日本語で後輩たちをたたえた。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文752文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集