メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

オディロン・ルドン グラン・ブーケ(大きな花束) 時代超えた圧倒的な生

1901年パステル/画布248・3×162・9センチメートル、三菱一号館美術館蔵

 見上げるほど大きなカンバスに、ルドンは両腕で抱えられるほどの花束を画面いっぱいに描いた。縦約2・5メートル、横約1・6メートル。うす暗い展示室で、その大きな花束はまるで発光しているよう。花瓶と花という静物を描いているにもかかわらず、花々は舞い上がり、落下し、うずまき、画面はエネルギーに満ちている。下方に引かれた水平線によって花瓶は水面に浮いているようにも見える。

 画面の右側は、雲の切れ間から青空がのぞいたかのように明るく、咲き誇る花々は鮮やか。一方、左側は寒色が目立ち、黒く朽ち果てたものはルドンが繰り返し描いた奇想の生き物にも見える。生命の躍動から終わりまでが一つの画面に描き込まれ、見る人を引き込んでいく。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  4. 衆院北海道2区補選 野党一本化方針を継続 立憲道連

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです