メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/31止 「世紀の変り目」にて 他者へ開く「架橋」のうたげ

大岡信=静岡県裾野市の自宅で2009年7月14日

 大岡信と記者の接点はごくわずかなものだが、忘れがたいのは1998年、本紙文化面で月1回、現代詩の新作を掲載することにした際、初回を大岡に依頼したことである。快諾を得て、書いてもらった作品が「こほろぎ降る中で」だった。5行6連30行のうち、第5連のみを引く。

 <田村さん 隆一さん あんたが/好き嫌ひともはつきり語つた二十世紀も了(おわ)る/こほろぎがばかに多い都会の荒地を/寝巻の上へインバネス羽織つただけのすつてんてん/あんたはゆつくり 哄笑(こうしょう)しながら歩み去る>(本紙98年11月4日東京本社版夕刊)

 同年8月に死去した荒地派の詩人、田村隆一(23~98年)への追悼詩だ。インバネスはコートの一種。これは翌99年刊行の自選詩集『捧(ささ)げるうた 50篇(ぺん)』に収められた(のち詩集『世紀の変り目にしやがみこんで』2001年にも収録)。

この記事は有料記事です。

残り1611文字(全文1989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです