メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

庄司紗矢香(バイオリニスト) 音楽で空気を共有 コロナ禍でもライブ大切に

庄司紗矢香さん=林喜代種撮影

 バイオリニストの庄司紗矢香が極めて高く評価されるのは、豊かな音楽性、超越的なテクニックもさることながら、精神的に深い表現を届けてくれるからだろう。12月の公演で来日した庄司に、コロナ禍にどのように対したのか聞いた。

   ■  ■

 庄司は現在、パリ近郊に住む。

 「コンサートのほとんどがキャンセル。しかし、演奏会がなくても毎日、練習せざるを得ない自分自身に驚きました。音楽は、食べる、寝る、と同じ必要なことで、自分が音楽をしないと生きていけないことが今回のコロナ禍で分かりました。自宅にいた間は、新しくシューマンの協奏曲をひもといたり、バッハの無伴奏を改めて勉強し直したり。バルトークのソナタのビデオアートも進めました」

 庄司は演奏以外にビデオアートの制作も行っている。曲のイメージに基づいた短編のような映像で、俳優を使い、カメラも自分で回す。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです