通天閣干支引き継ぎ、今年はサイトで 夢チューで感染防止→ギュウギュウ詰め避けて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「ふラット外出したい気持ちを抑えて、夢チュー(夢中)で感染防止」「ギュウギュウ詰めになるのは避けましょう」――。大阪市浪速区の通天閣は、新型コロナウイルスの感染拡大で2020年は中止した年末の恒例行事「干支(えと)の引き継ぎ式」の口上を公式サイトで紹介している。

 引き継ぎ式は1956年から毎年開催。その年と翌年の干支にちなんだ動物が登場し、通天閣の運営会社の社員が反省や抱負を込めた口上を披露する…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集