メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

望海風斗 退団公演でベートーベン役、雪組トップ 宝塚と出会った「運命」を刻む

退団公演に臨む雪組トップの望海風斗=20200年12月7日、清水有香撮影

 宝塚大劇場で2021年元日に開幕する「fff―フォルティッシッシモ―歓喜に歌え!」(上田久美子作・演出)が退団公演となる。雪組トップ就任から3年半、花道として演じるのは生誕250年を迎えた「楽聖」ベートーベン。「新たな挑戦の扉を一つ用意していただいたような気持ちになった。宝塚にいる限りは男役として挑戦し続けたい」と気を引き締める。

 フランス革命後のヨーロッパが舞台。皇帝ナポレオン(彩風咲奈(あやかぜさきな))や文豪ゲーテ(彩凪翔(あやなぎしょう))などベートーベンに影響を与えた名だたる人物が登場する一方、「謎の女」(真彩希帆(まあやきほ))が進行の鍵を握るなど物語はベールに包まれている。「台本をいただいた時、上田先生の想像力のすごさに言葉も出なかった」

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1112文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです