メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マチベン(町の弁護士)、元アイドルの本気 法曹界へ39歳遅咲きデビュー 平松まゆきさん 大分

「依頼人を笑顔にするのが今の私の仕事」と平松弁護士=河慧琳撮影

ようこそここへ 笑顔をどうぞ

 なんてったって(元)アイドル。依頼人を笑顔にしたいんです――。10代でアイドルとなり、その後、法曹の世界に飛び込んだ異色の弁護士が大分市にいる。マチベン(町の弁護士)として依頼者のさまざまな相談を受けて走り回る平松まゆきさん(44)が司法試験に合格したのは39歳の時。マイクを六法全書に替えるきっかけは何だったのか。そこにはいくつもの転機があった。【河慧琳】

 「子供の頃からアイドルになりたかったんです」。大分市のJR大分駅から徒歩8分の市中心部にある弁護士事務所。法律書など専門書が並ぶ室内で、平松さんはえくぼをつくった。宮沢りえや光GENJI、渡辺満里奈……。幼かった1980年代はブラウン管越しの夢の世界で、アイドルが輝いていた。

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです