絵本ができるプロセス感じて かこさとしの世界展 原画、下絵など154点 盛岡 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
代表作「からすのパンやさん」の原画=盛岡市の盛岡市民文化ホールで2020年12月12日、安藤いく子撮影
代表作「からすのパンやさん」の原画=盛岡市の盛岡市民文化ホールで2020年12月12日、安藤いく子撮影

 絵本「からすのパンやさん」の作者・加古里子(かこさとし)さん(2018年に92歳で死去)の絵本展「かこさとしの世界展」が盛岡市民文化ホールで開かれている。原画や下絵など154点を展示し、デビュー前に描いた作品から遺作まで楽しむことができる。21年1月31日まで。

 加古さんは戦後、化学メーカーで働く傍ら、地域福祉の向上を図る「セツルメント活動」に参加し、…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

あわせて読みたい

注目の特集