特集

第100回高校ラグビー 茗渓学園(茨城)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する茗渓学園(茨城)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

茗渓、意地の1トライ 前回王者・桐蔭に敗れる /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-茗渓学園】後半、タックルをかわし突進する茗渓学園の飯島=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、猪飼健史撮影
【桐蔭学園-茗渓学園】後半、タックルをかわし突進する茗渓学園の飯島=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。同日の1回戦に出場した県代表の茗渓学園は、前回王者の桐蔭学園(神奈川)に7―36で敗れ、1回戦突破はできなかった。茗渓学園は、開始直後の前半3分にゴール前のラックから先制トライを奪われた。同25分には、ラックからのボールをキックパスでつながれ、ライン際のトライで加点。その後もグラウンドを広く使ったトライで差を広げられたが、後半17分、プロップ亀山がチーム初のトライを挙げ、意地を見せた。試合を通し、相手陣のゴール前に迫る場面は少なくなかったが、ペナルティーが多く、好機を生かせなかった。【森永亨】

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文859文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集