特集

第100回高校ラグビー 富山第一(富山)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する富山第一(富山)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

1回戦 富山第一、奮闘及ばず /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【仙台育英-富山第一】 後半、富山第一の山下がタックルをかわし、突進=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、滝川大貴撮影
【仙台育英-富山第一】 後半、富山第一の山下がタックルをかわし、突進=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、滝川大貴撮影

 東大阪市花園ラグビー場で27日開幕した第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)で、県代表として2大会連続出場した富山第一は、1回戦で宮城県代表の仙台育英と初対戦。0―50(前半0―17、後半0―33)で敗退し、目標の1回戦突破はならなかった。ロイヤルブルーのジャージーの富一フィフティーンは、ノーサイド間際まで激しいタックルで粘りを見せたが、相手の厚いディフェンスと素早い攻撃に得点を阻まれた。【青山郁子】

 仙台育英がFW戦で優位に立ち、富山第一に快勝した。前半2分に先制トライを奪うと、同11分には相手ボールスクラムからのこぼれ球を、SH竹森が素早い反応で拾ってトライを決めた。同23分にはゴール前15メートル付近で、ロック三浦が相手のキックをチャージし、こぼれ球を拾ったプロップ吉田がトライを決めた。富山第一は激しいタックルで奮闘したが、及ばなかった。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文972文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集