特集

第100回高校ラグビー 若狭東(福井)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する若狭東(福井)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

1回戦 若狭東、初戦突破ならず 0-58で青森山田に敗れる /福井

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【青森山田-若狭東】後半、ラインアウトからのボールを処理する若狭東の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、猪飼健史撮影
【青森山田-若狭東】後半、ラインアウトからのボールを処理する若狭東の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟など主催)が開幕した27日、5大会連続32回目の出場となった県代表の若狭東は青森山田(青森)と対戦し、0―58で敗れた。若狭東は、留学生を軸にパワーと体格に勝る青森山田に対して、試合前半は組織的な粘りの守備をみせた。後半には堀口恭哉主将(3年)を中心に何度も敵陣に攻め入ったが、初戦突破はならなかった。【岩間理紀】

 計10トライを挙げた青森山田が快勝した。前半2分、ゴール前のラックから左に展開しCTBバイレアが先制トライ。同7分には中央付近からFB千葉健が約50メートルを走り切るなど個の強さで圧倒した。若狭東はテンポの速い攻撃を仕掛けたが、無得点に終わった。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文605文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集