特集

第100回高校ラグビー 光泉カトリック(滋賀)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する光泉カトリック(滋賀)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

光泉カトリック、きょう初戦 東海大相模(神奈川)と 相手焦らせる展開を /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国大会に向けて調整を進める光泉カトリックの選手=草津市野路町の同校で2020年12月17日午後3時21分、菅健吾撮影
全国大会に向けて調整を進める光泉カトリックの選手=草津市野路町の同校で2020年12月17日午後3時21分、菅健吾撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)が27日、大阪府の東大阪市花園ラグビー場で開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から開会式はなく、無観客試合となる。県代表の光泉カトリック(2大会連続10回目出場)は第2日の28日、5大会ぶり9回目出場の東海大相模(関東ブロック・神奈川)と対戦する。【菅健吾】

 前回大会で同校初の16強入りを果たしたチームはスピードに特化し、俊足のバックスがトライを量産した。薬師寺利弥監督は今年のチームについて「総合力が高く、バランスがいい」と評価。スピードでは前チームに及ばないが、多彩な攻撃で県予選を勝ち上がってきた。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文724文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集