特集

第100回高校ラグビー 京都成章(京都)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する京都成章(京都)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

1回戦 京都成章、19トライ大勝 鳥取・米子工に129-0 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【京都成章-米子工】前半、京都成章の小池が突進しゴール間に持ち込む=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、藤井達也撮影
【京都成章-米子工】前半、京都成章の小池が突進しゴール間に持ち込む=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、藤井達也撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。大会初日に第1グラウンドの2試合目に登場し、米子工(鳥取)との1回戦に臨んだ京都成章は、129―0で圧勝。快調にスタートした。巧みにパスを回して相手の守備の隙(すき)を突く攻撃で、11人がトライを決めた。守備の面でも、力強いタックルで相手をインゴールまで寄せ付けず、無失点に抑えた。2回戦で京都成章は、30日午後2時30分に第2グラウンドで早稲田実(東京第2)と対戦する。【中島怜子】

 京都成章が計19トライを挙げて大勝した。試合開始直後、相手ボールのラインアウトでこぼれ球を奪うと、右に展開しCTB小林典が先制トライ。前半3分には中央付近のスクラムからサイド攻撃を仕掛け、最後はFB小林修がトライを決めるなど、終始攻撃の手を緩めなかった。米子工は相手の攻撃に圧倒され、零封された。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文729文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集