CO中毒で男性が死亡 給湯器事故か /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市港区の集合住宅で、ガス給湯器が不完全燃焼を起こしたのが原因とみられる一酸化炭素(CO)中毒で男性1人が死亡したことが25日、分かった。関西電力や経済産業省が明らかにした。関電は使用時の換気や警報装置の設置を呼び掛けている。府警が詳しい経緯を調べている。

 関電や同省によると、21日に府警が死亡…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集