連載

現場から

毎日新聞デジタルの「現場から」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

連載 現場から

コロナで帰国、海外協力隊員ら活動模索 日本語講座で留学生支援 「何かしたい」気持ちつなぐ /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
留学生向けの日本語講座に参加した森田英津子さん(右から3人目)と古川翠さん(同5人目)=大阪市中央区で2020年11月29日午後1時41分、宮川佐知子撮影
留学生向けの日本語講座に参加した森田英津子さん(右から3人目)と古川翠さん(同5人目)=大阪市中央区で2020年11月29日午後1時41分、宮川佐知子撮影

渡航めど立たず

 新型コロナウイルスの影響で、帰国を余儀なくされた国際協力機構(JICA)の海外協力隊員らが企画した日本語講座が、大阪市内で開かれた。渡航の見通しが立たない中、それぞれが国内で活動の道を模索している。【宮川佐知子】

 11月末の日曜日、大阪城公園(大阪市中央区)に日本語教師の隊員ら4人とエチオピア、タイ出身の留学生3人が集まった。「豊臣秀吉は知っていますか」。隊員らは簡単な日本語で城の歴史を紹介。その後、天神橋筋商店街(同市北区)を散策した。

 隊員の森田英津子さん(50)は「これまで海外でたくさん助けられてきたので、少しでも日本で暮らす外国人のお手伝いができればいいと思った」と話す。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1051文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集