特集

第100回高校ラグビー 創志学園(岡山)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する創志学園(岡山)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

1回戦 創志学園、意地の2トライ 初の花園、得点刻む /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【石見智翠館-創志学園】前半、創志学園の井戸が相手ボールをインターセプトし、そのまま走ってトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、藤井達也撮影
【石見智翠館-創志学園】前半、創志学園の井戸が相手ボールをインターセプトし、そのまま走ってトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月27日、藤井達也撮影

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕した第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)に中国ブロック代表として初出場した創志学園は初戦のこの日、石見智翠館(島根)と対戦。12対92で敗れた。しかし、30大会連続30回目出場の大会常連校を相手に、パスのインターセプトやゴール前のモールから2トライを奪うなど、意地を見せ、初めての花園で得点を記録した。

 石見智翠館が多彩な展開ラグビーで創志学園を圧倒した。前半6分、ゴール前15メートルの左ラインアウトからモールを押し込み、先制トライを奪った。同17分には相手陣でのラックから右へ展開し、WTB山本がトライを決めた。後半にも8トライを挙げて突き放した。創志学園は、前半24分、FB井戸が相手パスをインターセプトし、そのまま走りきってトライを決めたが、反撃は及ばなかった。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文698文字)

あわせて読みたい

注目の特集