メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

次世代の力に、未来へ=河瀬直美

藤本壮介さんと夢洲にて

 2025年、大阪・関西万博が開催される。今回のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」だ。その中でもこのテーマの事業プロデューサーに任命されたのは、私を含む8人の各界で活動する人々である。私の担当は「いのちを守る」だ。いのちを守ると一言で言っても、なかなか難しい。イメージするのは、医療などが中心であり、戦争やテロでの防御もそれにあたる。しかし、そもそもいのちを守るという時、自分だけのそれを守るというだけでは成立しない。私の中のあなたを知るということが、結果的に私が守られる形になるのだ。つまり、相手の中に自分を発見することで分断は起きない。分断は自らの心に境界を作ることで、他者を受け入れられなくなることの表れだからだ。

 さて、この度の会場には、「静けさの森」と題した場所が各事業プロデューサーのパビリオン近くに存在する。このアイデアは会場デザインプロデューサーの建築家、藤本壮介さんのものだ。7月に就任の会見で初めて言葉を交わし、その後ことあるごとに親交を深めてきた。夢洲(ゆめしま)の会場に一緒に足を運んだり、森の中にあるカフェでランチをしたり、若草山に登って俯瞰(ふかん)で奈良の街並みを眺めたりしながら、そこにあ…

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです