メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日俳壇

毎日俳壇賞 2020年

 ◆鷹羽狩行・選

最優秀

揚雲雀声まつすぐに落としけり 神戸市 橋口正子

優秀

考へをめぐらしてゐる扇かな さぬき市 景山典子

家族みな違ふ寒さを持ち帰る 鯖江市 木津和典

雪となる気配もの音ひとつせず 深谷市 酒井清次

 1976年から44年にわたって毎日俳壇の選者を務めてまいりました。この間、時代は大きく変わりましたが、人の心を動かす俳句にさほど変化があったとは思いません。いつの世にも耐えうるものこそ秀句といえるでしょう。橋口さんの句は、対象をしっかりとらえた強さがあります。優秀賞の3人の作品は身辺を丁寧に見つめた味わいがあります。多くの皆さんと共に歩んでこられたことに感謝いたします。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 「ラブライブ!」Tシャツを無断販売の疑い 35歳無職を書類送検 神奈川県警

  4. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです