特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

第1日

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (27日・東大阪市花園ラグビー場)

 開幕し、1回戦15試合が行われた。初出場の四日市工(東海・三重)は31回目出場の岡谷工(長野)に零封勝ち。連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)は、優勝経験のある茗渓学園(茨城)を破った。東福岡(福岡第1)は長崎南山(九州・長崎)との九州勢対決に快勝し、史上6校目の大会通算80勝に到達。城東(徳島)は終了直前のトライ・ゴールで逆転し、新田(四国・愛媛)との接戦を制した。

 今大会は新型コロナウイルス感染対策のため、無観客で開催。記念大会で史上最多63校が出場するため、1回戦は第75回大会以降定着していた30分ハーフではなく、25分ハーフで行われる。従来のように1回戦は「東西対決」とする条件をつけなかったため、関東、九州など同一ブロック同士の対戦もあった。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文638文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集