連載

戦後75年

毎日新聞デジタルの「戦後75年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

戦後75年

不戦の誓い、今も守られています ルソンで散った父へ絵本で報告 愛知・刈谷の80歳、自費出版

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
父への思いをつづった絵本を紹介する入江朋代さん=愛知県刈谷市で2020年12月10日、川瀬慎一朗撮影
父への思いをつづった絵本を紹介する入江朋代さん=愛知県刈谷市で2020年12月10日、川瀬慎一朗撮影

 愛知県刈谷市の入江朋代さん(80)が今月、戦地のフィリピンで75年前に命を落とした父や戦争を題材にした絵本「おとうさんはどこに」を自費出版した。筆が進まず一度は出版を諦めかけたが、昨年、戦地からの父のはがき(軍事郵便)約120通と遺言書が見つかり、「父が後押ししてくれている」と完成させた。絵本の中で入江さんは、戦後の日本を知らずに34歳で逝った父に報告する。日本は戦争をしない国になることを誓いました。その誓いは今日までずっと守られています――。

 絵本は入江さんがモデルの「あき子」が主人公。入江さんの実体験を基に物語は進む。戦時下の名古屋市であき子は両親や姉と楽しく暮らしていたが、2歳の時に突然、父が戦地に出征する。

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1497文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集