特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「痛恨の極み」 羽田雄一郎氏急死で困惑の声 長野の野党共闘で中心的な役割

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
羽田雄一郎氏=長野市の事務所で2019年7月22日
羽田雄一郎氏=長野市の事務所で2019年7月22日

 27日に急死し、その後新型コロナウイルス感染が確認された立憲民主党の羽田雄一郎・元国土交通相(53)=参院長野選挙区=は、10月に参院幹事長に就任したばかりだった。長野県内の野党共闘でも中心的な役割を担っていただけに、突然の訃報を受けて関係者には困惑の声が広がった。

 羽田氏は東京都世田谷区生まれ。父が羽田孜元首相(2017年死去)、祖父も自民党衆院議員という政治家一家で育った。1997年に孜氏の秘書として政界入り。99年参院補選で初当選し5期21年務めた。12年には野田内閣の国交相として初入閣した。

 羽田氏の事務所によると、羽田氏は23日に長野市内で党県連の会合に出席。東京に戻った24日に発熱などの症状が出たため、25日以降は自宅で安静にしていた。27日にPCR検査を受けるため秘書が車で迎えに行くとふらついた様子で、移動中の車内で意識を失った。病院に到着した時点では既に心肺停止状態だったという。事務所のスタッフは「突然のことで何も考えられない。支援者にも戸惑いが広がっている」。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1260文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る