北朝鮮の言いなり? 韓国・非難ビラ禁止法が波紋 米政界からも「憂慮」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
韓国国旗=ゲッティ
韓国国旗=ゲッティ

 韓国国会で北朝鮮に向けたビラなどの散布を禁止する改正法が成立し、国内外の批判を呼んでいる。韓国国内の「表現の自由」を制限し、北朝鮮住民が体制の問題点や国外の状況を知る貴重な機会も奪うとの観点からだ。北朝鮮に融和的な文在寅(ムンジェイン)政権は法改正の必要性を強調するが、米国で来月、人権問題を重視するバイデン政権が発足することを踏まえ、米韓同盟への悪影響を懸念する声も出ている。

 波紋を広げているのは、14日に成立した「南北関係発展に関する改正法」。ビラなどの散布や、軍事境界線付近からの拡声機による呼びかけなどが禁止され、違反した場合は3年以下の懲役または3000万ウォン(約280万円)以下の罰金に問われることになった。

この記事は有料記事です。

残り1138文字(全文1451文字)

あわせて読みたい

注目の特集