「国のせいにしてはいられない」 給付金がもらえない成人誌書店の覚悟

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
性風俗給付金訴訟のクラウドファンディングを呼びかけたウェブサイト
性風俗給付金訴訟のクラウドファンディングを呼びかけたウェブサイト

 持続化給付金の対象から外された性風俗業の経営者が「法の下の平等に反する」と国を訴え、裁判費用を募集したクラウドファンディングが11月末に終了し、当初の目標額を大きく超える600万円が集まった。訴訟を起こしたのは、関西地方でデリバリーヘルスを経営する30代女性。「多くの人がおかしいと思うことだった。おかしいことはおかしいと言わなくてはいけない」と決意を新たにする。一方で、性風俗業者が支援を受けられない現状はまだ変わらない。東京・神保町で成人誌などを販売する「芳賀書店」の芳賀英紀社長は、「国のせいにはしていられない」と踏ん張るが、12月に入って感染が拡大し、危機的状況が続いている。【中嶋真希】

 「法律を守って営業し、納税もしているのに」--。

この記事は有料記事です。

残り1547文字(全文1871文字)

あわせて読みたい

注目の特集