イズミ、石綿混入バスマットを自主回収へ 「ゆめタウン」で販売した1200枚

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
顕微鏡で撮影したアスベスト=東京労働安全衛生センター提供
顕微鏡で撮影したアスベスト=東京労働安全衛生センター提供

 スーパー大手のイズミ(広島市東区)は28日、ケイ藻土を使った4商品に法令の基準を超えるアスベスト(石綿)が含まれていたと発表した。北九州市若松区の商社「不二貿易」が中国から輸入した「ケイ藻土バスマット」で、イズミが西日本に65店を展開する「ゆめタウン」で8月から約1200枚を販売した。販売を中止す…

この記事は有料記事です。

残り65文字(全文215文字)

あわせて読みたい

注目の特集