特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はや2くんの大航海~HAYABUSA2応援ページ

はやぶさ2・津田雄一さんに聞く(上) 「石ころでこんなに喜べるとは思ってもみなかった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
探査機はやぶさ2のカプセルが日本に到着後、記者会見で喜びを語るJAXAの津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー=相模原市中央区で2020年12月8日午後1時52分、幾島健太郎撮影
探査機はやぶさ2のカプセルが日本に到着後、記者会見で喜びを語るJAXAの津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー=相模原市中央区で2020年12月8日午後1時52分、幾島健太郎撮影

 探査機はやぶさ2が地球へ届けたカプセルから、2度の小惑星リュウグウへの着陸で採取した真っ黒な石や砂粒がたっぷり見つかった。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(45)は毎日新聞のウェブ会議システムを使ったインタビューに「画像を見た瞬間、『ワー! あったー!』と思わず立ち上がって喜んだ」と笑顔を見せた。試料を見た瞬間はどう感じたのか、1回目と2回目の着陸前の心境の違いなど、津田さんの本音に迫るインタビューを上下2回で紹介する。(上)は、カプセルの中を見たときの気持ちや、プロジェクトの「弱み」を中心に聞いた。【永山悦子/オピニオングループ】

中が見えずやきもき、「すぐに画像を送って」

 ――カプセルにどっさりと試料が入っていましたね。見たときの感想を教えてください。

 ◆すごかったですよね。びっくりしました。最初に試料が見えたのは2020年12月14日でした。試料が入っている容器の底に黒い砂がたまっているのが見えたのですが、「本当に入っていた!」とメンバーと喜びました。「これでサンプルリターン(他天体の試料を地球へ持ち帰る探査)ができたんだ」と感慨深いものでした。

 さらに翌日(15日)には、容器のふたを開けることになり、私たちは開封作業をするクリーンルームの様子をモニターで見られる部屋で、その瞬間を待ちました。ところが、容器を写している画像が照明のせいかよく見えません。一方、開封作業をしていた白衣姿のメンバーがハイタッチやガッツポーズをして、記念写真を撮り始めたのです。「何が見えたんだろう」とやきもきしていると、中のメンバーから「すごく感動した。言葉が出ないほど」と電話が入りました。「すぐに画像を送っ…

この記事は有料記事です。

残り2656文字(全文3384文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集