特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

東海大相模が初戦逆転勝ち 光泉カトリックに24-3 全国高校ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大相模-光泉カトリック】後半、ゴール前ラックから東海大相模の飯泉がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、滝川大貴撮影
【東海大相模-光泉カトリック】後半、ゴール前ラックから東海大相模の飯泉がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、滝川大貴撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦16試合。東海大相模(関東地区)が光泉カトリック(滋賀)を24―3で降し、2回戦に進んだ。

 東海大相模は30日の2回戦で山形中央(山形)と対戦する。

   ◇

 東海大相模が堅い守りで相手にトライを許さず、逆転勝ちした。3点を追う前半16分、相手陣10メートル付近のラックから左に展開し、小刻みなパスでつないでWTB樋川のトライで逆転。後半も密集からトライにつなげるなどFW、バックス一体の攻撃で着実に得点を重ねて逃げ切った。光泉カトリックは前半11分にPGで先制するも、相手の防御網に阻まれた。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文555文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集