特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

関西学院が初戦突破 盛岡工を43-0で降す 全国高校ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【関西学院-盛岡工】前半、関西学院がパスをつなぎ、山本がディフェンスを振り切りトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、滝川大貴撮影
【関西学院-盛岡工】前半、関西学院がパスをつなぎ、山本がディフェンスを振り切りトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、滝川大貴撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦16試合。関西学院(兵庫)が盛岡工(岩手)を43―0で降し、2回戦に進んだ。

 関西学院は30日の2回戦で流通経大柏(千葉)と対戦する。

   ◇

 関西学院が持ち前の展開力を生かして、終始圧倒した。前半12分に相手陣22メートルライン付近でのラインアウトから左に展開し、最後はCTB山本が相手防御を振り切り先制トライを決めた。後半も開始早々に相手陣10メートルライン付近でのラックから小刻みにパス展開し、内側に切れ込んだ山本につなげてトライを奪うなど縦横無尽の展開力をみせた。盛岡工…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文780文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集