高木美帆が3000と500の2冠 スピードスケート全日本選手権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高木美帆=渡部直樹撮影
高木美帆=渡部直樹撮影

 スピードスケートの全日本選手権は28日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕し、女子の高木美帆(日体大職)が3000メートルと500メートルで優勝した。3000メートルは自身の国内最高を更新する4分3秒97、500メートルは小平奈緒(相沢病院)を0秒24差で抑え37秒80で制した。

 3000メートルは佐藤綾乃(ANA)が…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文335文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集