特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

秋田工が3大会ぶり白星 歴代最多V「伝統のタックル」で流れ 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【秋田工-東海大静岡翔洋】前半、ラックから秋田工の冨野がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、滝川大貴撮影
【秋田工-東海大静岡翔洋】前半、ラックから秋田工の冨野がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、滝川大貴撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦の残り16試合が行われ、3大会ぶり68回目出場の秋田工は、3大会ぶり11回目出場の東海大静岡翔洋を68―0で降した。

 初戦の緊張感だろうか。動きが硬い秋田工フィフティーンは、キックオフ直後から自陣深くまで何度も攻め込まれた。歴代最多の優勝15回を誇る名門だが、3大会ぶりの出場で花園経験のある選手はいない。「顔色を見て、やばいなと思った」と淡路監督。だが、伝統の低く強いタックルが選手たちを目覚めさせた。

 前半5分だった。グラウンド中央で縦突破を図る相手FBに、ロック冨野が膝元へ、フランカー相川が腰へと2人掛かりでタックルを試みた。倒れ込んだところに、さらにフランカー高橋勇らが絡む。相手はボールを手放せず、反則で攻守交代した。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文763文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集