特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

東海大相模、30大会ぶり勝利 キック戦術で5大会前のリベンジ 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大相模-光泉カトリック】前半、ラックから東海大相模がパスをつなぎ、樋川がディフェンスをかわしトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、猪飼健史撮影
【東海大相模-光泉カトリック】前半、ラックから東海大相模がパスをつなぎ、樋川がディフェンスをかわしトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦の残り16試合。5大会ぶり9回目出場の東海大相模(関東・神奈川)は、2大会連続10回目出場の光泉カトリック(滋賀)を24―3で破った。

 12月5日の組み合わせ抽選後、東海大相模の選手たちは5大会前に出場した1回戦の映像を目に焼き付けた。後半に逆転を許し、光泉カトリック(当時は光泉)に惜敗した一戦だ。三木監督は「お前たちには関係ないが、私にとっては因縁の相手」と語りかけた。そ…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集