メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

面の下にマスク、除菌ゲート…全国高校剣道、那覇で熱戦/沖縄

全国高校選抜「高校生想代」剣道大会の開会式に臨む選手ら=27日、那覇市の県立武道館(喜瀬守昭撮影)

[PR]

 沖縄県那覇市の県立武道館で27日、全国高校選抜「『高校生想代(そうたい)』剣道大会」が始まった。全国から男女合わせて46チームが参加、関係者らも含め700人規模で開催している。大会運営では、新型コロナウイルスの感染症対策に余念がない。入場口には県内初の噴射型除菌ゲートを設置、試合中の選手は防具の下にマスクを着用した。声援に代わり拍手で激励するなど、徹底した対策の下、熱戦が繰り広げられている。

 大会は無観客で開催し、会場内の40カ所に消毒液を設置した。入場者には検温を実施し、選手たちにチェックシートによる健康観察を義務付けた。県立武道館入り口に混合酸化剤MIOX(マイオックス)を噴射するゲートを設け、会場に入る際に体全体の除菌ができるようにした。選手や関係者らはゲートで約5秒間立ち止まり、巻き上がる白霧の中を通過した。

 高校3年間の集大成に挑む、小禄高校3年の伊佐琉生さん(18)は「除菌ゲートの煙にはびっくりした。次々と大会が中止になり目標を見失ったが、最後に全力で試合に挑めてうれしい。これまで支えてくれた先生方に感謝したい」と話した。

 新型コロナの影響で、2020年の剣道の主要な全国大会は中止となった。高校3年生にとって、今回が最初で最後の全国の舞台になる。大会のコロナ対策班として、感染防止策に取り組む佐久間眞之教諭(46)は「生徒の安全を第一に、できる限りの対策を講じている。ウィズコロナの大会運営のモデルケースになってほしい」と期待を寄せる。大会の模様は、動画配信サイト「YouTube」でライブ配信している。

 (高辻浩之)(琉球新報)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです