岸和田市庁舎建て替え 2事業者規定違反 市長が正当性主張 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岸和田市庁舎の建て替え事業を巡る問題で、永野耕平市長は28日、最終審査に残った3事業者のうち2事業者に規定違反があったため失格とし、残る1事業者を契約先に選んだと明らかにした。大学教授らでつくる選定委員会に相談せず失格を決めたが、「業者の適格性は市の権限で判断すべきだ」と正当性を主張した。

 この問題では、今月4日の最終審査が突然延期され、選定委員6人のうち4人が相次ぎ辞任。市が詳しい経緯を説明せず、市議会などで…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集