特集

第100回高校ラグビー 御所実(奈良)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する御所実(奈良)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

御所実「三度目の正直」 過去2敗、兵庫・報徳学園に24-5 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【御所実-報徳学園】前半、ボールを追う御所実の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、平川義之撮影
【御所実-報徳学園】前半、ボールを追う御所実の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2020年12月28日、平川義之撮影

 27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕した第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、全国高体連、日本ラグビー協会など主催)の1回戦で、県代表の御所実は28日、報徳学園(近畿ブロック・兵庫)を24―5で降し、2回戦に進出した。花園で過去2回、負けを喫した強豪相手に「三度目の正直」をかなえた。次戦は30日午前10時45分から、第3グラウンドで国学院栃木(栃木)と対戦する。【林みづき】

 強豪チーム同士による点差以上の接戦を、御所実が連続攻撃での集中力の高さで競り勝った。御所実は3点リードした前半25分、相手ゴール前でのラックから、走り込んだプロップ小林が相手選手を引きずって待望のトライ。後半にもフォワードの突進でゲインを重ね、後半14分にWTB生田がトライ、同20分には相手の浮いたパスをインターセプトしたロック中森の独走トライで勝負を決めた。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文820文字)

あわせて読みたい

注目の特集