メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

仮設入居の期限再延長 国同意 倉敷限定、条件厳しく /岡山

 2018年7月の西日本豪雨の被災者が住む仮設住宅の入居期限の再延長が国に認められた。県が28日発表した。

 期限延長の対象は倉敷市内で被災した住民で、河川改良工事の影響や建築業者の都合で自宅再建の工期が遅れたり、緊急の入院など自己都合によらないやむを得ない事情がある場合に限る。21年1月中旬から各世帯に通知し、入居期限があと半年に迫った世帯から順次、…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです