特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段-佐藤康光九段 第24局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

リスクを負う

 [後]5八歩成に対し、羽生は[先]2九飛(図)と4九から逃げた。[先]3九飛と途中下車し、[後]3八歩と打たせてから[先]2九飛と避難したほうが得に見えるが、羽生は「将来、飛車の横利きで受ける変化や[先]3九飛と戻して3筋から侵入する可能性を見た」と話した。

 守備の金を一枚削られる間、羽生は[先]5三歩と攻めた。[先]5二歩成では「[先]5二銀も考えた」と言う。以下[後]5四金[先]6一銀不成[後]5三金[先]7二銀成[後]同玉[先]3九飛[後]3七歩[先]3三桂成[後]4五角(参考図)。羽生は「余される」と感じ、この順は見送った。

 飛車と馬の交換後、佐藤は[後]5六角と好位置に打った。[先]4九飛に対する応手が分岐点。[後]5五銀と逃げて、息長く指すのも一案だった。以下[先]6一銀にはがっちり[後]7一金打。羽生は「はっきりダメ」と言う。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文740文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集