ブレグジット、不安残し EU バランス役不在、対立の芽/英 スコットランド、独立機運

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見するフォンデアライエン欧州委員長=24日、AP
記者会見するフォンデアライエン欧州委員長=24日、AP

 英国民が欧州連合(EU)からの離脱を選択した2016年の国民投票から4年半、英国とEUは自由貿易協定(FTA)に合意し、31日でブレグジット(英国のEU離脱)が完遂することになった。長い交渉を経た両者は円満な「別れ」を演出したが、その陰で互いが抱えるさまざまな課題も浮かび上がる。

 「ついに私たちはブレグジットから離れ、未来に目を向けることができる」。フォンデアライエン欧州委員長は24日の記者会見でこう述べ、「欧州が前進する時が来た」と強調した。

 だが、「英国なきEU」には懸念もある。英国は欧州統合を主導する仏独と共に、EU内で大きな存在感を示していた。仏独と距離を置く英国はより緩やかな統合や、米国との安全保障関係を重視する国々にとって、統合の「行き過ぎ」を抑えるバランス役でもあった。

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1844文字)

あわせて読みたい

ニュース特集