メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

離任に当たり、今月末交代 報道の魂、忘れず変革を

ジャーナリストの池上彰さん

 「開かれた新聞委員会」の委員4人が12月末で交代します。委員会は、毎日新聞と読者の間に立つ第三者の目で、人権侵害の監視や記事への意見、報道への提言を行うため2000年に発足しました。吉永みち子委員(ノンフィクション作家)は13年半、池上彰委員(ジャーナリスト)と鈴木秀美委員(慶応大教授)は9年半、荻上チキ委員(評論家)は6年にわたり委員を務めました。離任に当たり、今後の毎日新聞を含めたメディアへの提言をいただきました。なお、21年1月から、弁護士の小町谷育子さん(57)、ジャーナリストの治部れんげさん(46)、専修大教授の武田徹さん(62)、東京工業大准教授の西田亮介さん(37)が委員を務めます。

この記事は有料記事です。

残り2821文字(全文3124文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』大みそかにABEMAで生配信決定

  2. 「コロナのばかたれーっ!!」広島県観光連盟がポスター 帰省自粛の思い代弁

  3. 東京福祉大総長が復職 過去に強制わいせつ罪で実刑判決 文科省への説明、ほごに

  4. レオパレス改修計画、4年延期 「2024年中に完了」 入居者らからの批判必至

  5. 菅首相の大ブーメラン「偽証罪に問われる証人喚問を」民主政権を鋭く追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです